時計と時間にまつわるエピソード

ダイビングが好きな人にはダイバーズウォッチが欠かせません。規格にあったものを使用し安全なダイビングを楽しみましょう。

ダイバーズウォッチについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
長期休暇が得られるたびに海のリゾートに、というリピーターも多いです。
リゾート地や海の世界は日常とはかけ離れた世界であり、ゆったりリフレッシュするのに最高の癒しエリアです。
普段目にすることのない珍しい動物や美しい海の魚などの生物を目の当たりにすることは冒険心をくすぐるほどよい刺激ともなり、癒しと刺激の融合がたまらない海の魅力といえそうです。
海リゾートへのリピーターの憧れがダイビングです。
美しい海の世界を静かにゆっくりと堪能するダイビングには危険も伴いますが、地上とは別世界であり一度潜ると病みつきになる人も多いようです。
ダイビングはライセンスを保持しないとできませんが、ライセンス取得もそれなりの努力や時間、費用をかけなければならないので一度取得したらぜひダイブを繰り返しペーパーダイバーにならないようにしたいものですね。
さて、このように自然を相手に楽しむダイビングは、一歩間違えると大きな事故につながるためダイブ中のいくつかのルールがあります。
ダイブ時間についての決まりも最重要ルールの一つです。
海の中では肺や体に常に負担をかけていますから、時間を守るというのは命を左右する重要事項となります。
そこで時計の存在が重要となります。
ダイバーズウォッチはその名の通り潜水用の防水腕時計となり、JIS規格またはISO規格で潜水用防水200m以上の腕時計をいいます。
この他にもダイバーズウォッチとしてデザインメインのものもありますが素潜り程度に適したものもあるため、ダイビングで使用するなら規格にあったしっかりしたものを選びましょう。
またダイビングに慣れてくるとナイトダイブを楽しむ人もいますが、ダイバーズウォッチでは文字盤やベゼルの12時方向には発光体がついていて、夜でも水中でも見やすくなっているので安心です。
またダイバーズウォッチの時計バンドにはラバーバンドやメタルバンドがおすすめです。
ダイビング中は岩場に当たったり、いろんな機材を扱うため時計のバンド部分がぶつかることも多いためです。
また錆びない素材であることや傷がつきにくく手になじむということがポイントとなります。
電池の寿命についても忘れてはなりません。
特にたびたびダイビングをする人は特に電池交換のケアについて怠らないようにしましょう。
最近ではソーラーバッテリーがついているタイプのものや電池交換が不要の自動巻きウォッチ、腕の動きで発電充電する仕組みの時計なども比較的リーズナブルな価格帯からも出てきているので、よく吟味して自分のマイベスト時計を見つけましょう。

関連情報

Copyright (C)2017時計と時間にまつわるエピソード.All rights reserved.