時計と時間にまつわるエピソード

子供向けの時計もデザインが豊富です。文字盤の読みやすいタイプを選ぶとよいでしょう。

子供向けウォッチ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
時間に追われて生活するのは何も大人だけではありません。
現代の忙しい子供たちはいつも時間を気にしなくては日常生活をこなしていけないほどです。
幼稚園のころから習い事は週に5日、低学年の頃には習い事のために電車も一人で乗るのが普通の日本です。
外出時、どこにいても時間を確認できる腕時計は必須といえるでしょう。
子供用の腕時計も現在では実にたくさん商品化されています。
デザイン性に凝ったもの、機能性に凝ったものとさまざまですが、子供が持つものということで高価なものよりはリーズナブルな価格でシンプルに時計として機能をはたすものが多いようです。
人気のデザインとしては古典的に人気キャラクター柄のものなどもありますが、児童期用のものとなるとキャラクター柄よりもむしろ興味対象のテーマ別デザインのようなものが人気となっているようです。
たとえば女子向けの場合は、花や蝶、音符などをモチーフにお姉さんらしくデザイン化されたもの、男子向けの場合は乗り物や昆虫、宇宙、恐竜といった園児グッズでも定番となるような人気テーマでデザイン化されたものが主流となっています。
文字盤やウォッチバンドに絵柄があるのは標準的ですが、秒針の先にまでたとえば飛行機が飛んでいたり、と遊び心満載で細かい部分までデザインされたものも多く、持っていると心がわくわくする感じが大人にも伝わってくるようです。
昨今では安全性のために外出時、携帯電話等を持っている子供も多く、時間の確認も多くの大人と同様に携帯電話でするケースが増えてきているようです。
しかし、そういったデジタル表示の時計だけでなくアナログの時計の針の動きをしっかり見てほしいと思う大人も多いようです。
また充電が切れてしまった場合や何らかの事情で電子機器のパワーが落ちてしまっている時に携帯電話の表示時刻はまったく役に立ちません。
腕時計の主流はアナログ表示です。
たとえ携帯などを持っていたとしても子供には腕時計を持たせて時間確認させるのもよいかもしれませんね。
時計を持って自分で行動する、ということは子供にとって大人が思っている以上の精神的な自立感や大人の仲間入りをしたような気にさせる効果があるようです。
親と共に好きなデザインの腕時計を選ぶ機会などがあればなおさら幸福感につながることでしょう。
デザインが凝りすぎて文字盤がほとんど読めないような時計もあるので、子供用であれば文字盤がきちんと読みやすいものを選んであげると良いでしょう。

関連情報

Copyright (C)2017時計と時間にまつわるエピソード.All rights reserved.